「カードゲーマーvol.56」掲載「カードゲーマー的彼女」ikuyoan先生メイキング大公開!

3月になり、冬の寒さもそろそろ終わりを迎えそうな今日このごろ。カードゲームも各タイトルでぞくぞくと新展開が発表され、ホットなニューシーズンの到来にワクワクが止まりませんね!

さて、それではさっそく現在発売中の「カードゲーマーvol.56掲載の「カードゲーマー的彼女」のメイキング記事をお届けしましょう!

「カードゲーマー的彼女」とは、現在活躍中のイラストレーターの先生方を「カードゲーマー」に毎号お招きし、ご自身の“理想の女の子”を描き下ろしていただく連載企画です。

この記事では「カードゲーマー的彼女」特別編として、掲載イラストのメイキングを先生ご本人の解説付きでご紹介します!

今回は「カードゲーマーvol.56」掲載の第6回で登場いただいたikuyoan先生!
力強さと繊細さが両立した唯一無二のタッチで描いていただいたのは、先生がプロデュースされるVtruberの雪藍さん!
新年らしい華やかなイラストができあがるまでをご本人に解説していただきました!

なお、今回は特別に制作過程を動画でもご紹介!
記事とあわせてぜひェックしてください!


①ラフ

テーマとして「お正月」「着物」をいただいたので、ラフを2案提出しました。1つは家の中で遊んでいる様子、もう1つは家の外で遊んでいる様子です。
どちらの案も画面の中にお正月感や遊び要素を入れたかったので取り入れてます。結果、外で遊んでいる構図が採用されました。

製作期間や報酬などの条件がそれなりによく、さらに自身が手掛けるVtuberの雪藍さんを題材にしていいとのことで、気分良くノリノリなスタートとなりました。
なお、今回は制作過程を動画で記録されるプロクリエイトでほぼすべての作業を制作しています。

 


② 線画作成

採用されたラフをもとに線画を描き起こしていきます。
着物の袖の部分は構造が複雑なため、線画で先に描き起こすよりも厚塗りで進めていったほうが効率が良いと判断したので線画にはまだありません。

線画はある程度先の作業のしやすさを見越してパズルのような要領で描き進めるので、1番頭を使う作業かもしれません。
頭を使うので当然糖分を必要とします。なのでこの日は 何か甘いものを食べようと決めました。


③ 背景の描き込み

ラフの絵をもとに背景を描き込んでいきます。
あとで大きさを調節する可能性もあるのでキャラクターで隠れる部分もある程度描きますが、確実に見えない部分は省いています。

主役はあくまでキャラクターなので描き込みすぎてもいけない、 かといって描かなすぎてもいけないので判断が難しく、頭を使います。
頭を使うので当然糖分を必要とします。描いていた時期を考えるとケーキとかいいですね。


④キャラクターの描き込み

あとで陰影を加えるのですが、この段階では基本色となる色、最低限の質感や立体感を表現して描き込んでいきます。

ケーキでいうところのスポンジを作っている工程になるでしょうか。

 


⑤袖の部分の描き込み

②でも説明したように、袖は厚塗りで仕上げるつもりだったのでここで描き足していきます。

普段着物を目にする機会がないので、一体どういう構造なのかわからないことだらけです。
ネットの写真や資料を参考にして描きますが、いろいろな種類の着物があるのでどれが正解なのか分からずとても頭を使いました。

 


⑥模様や装飾の描き込み

着物や羽子板に描かれている模様、頭の花の飾りなどをここで描き足していきます。 丑年と言うことなので羽子板には牛のイラストを描きました。

頭の花の飾りがだんだん大量のイチゴの切り口に見えてきて、美味しそうだなと思いました。

 


⑦キャラクターの陰影の表現

立体感を出すために、影になる部分と光が当たる部分の2点を意識して描き足していきます。
キャラクターを描き込むのに集中できるよう、背景のレイヤーを非表示にしてキャラクターだけを見えるようにして作業を進めています。

実際に人形や自分を使って絵と同じ光源位置から光を当て、どのように影が落ちるのか光が当たるのかを検証しながら描きますが、最終的には絵として映えるようにそれらの取捨選択をして描き込んでいきます。
ケーキ屋さんの前でどれも美味しそうだけど、予算や自分の胃袋の容量が決まっているのでどれを選ぶかを考えるときと同じです。

 


⑧背景の小物の追加

画面の開いた空間を埋めるために小物を描き込んでいきます。

お高いケーキはリッチ感を出すためにケーキの上の空いたスペースにいろんなフルーツや食べれるデコレーションが乗っかってたりします。
それと同じようなものだと思ってください。

 


⑨全体の雰囲気調整

キャラクターのほうにフォーカスが当たるように背景の方を明るくしたり、ぼかしたりといったキャラクターが引き立つような調節を入れていきます。

イチゴのショートケーキでクリームがたくさんあってもイチゴの味がちゃんとするのと同じ理屈です。

 


⑩最終調整をし完成

最終的な調整はPhotoshopにて行ないました。 今回は左手の大きさを縮小、左手首にアクセサリーを追加、帯に模様を追加、印刷することを考慮した背景のグロー効果の抑制などがおもな調整項目になります。

完成したその日は自分へのご褒美として、報酬がよかったぶん少し高いイチゴのショートケーキを食べました。とてもおいしかったです。

 


 

以上、ikuyoan先生のイラストメイキング記事でした。ショートケーキ食べたくなってきた……!

3月30日(木)発売「カードゲーマーvol.57」でもイラストレーターの先生をお招きし、第7回「カードゲーマー的彼女」を掲載します。次回はどなたに描いていただけるのか? ぜひご期待ください!

また、これまでにご登場いただいたイラストレーターの先生方のメイキング記事もあわせてご覧ください!

■メイキング過去回
第1回:カードゲーマーvol.51「希先生」
第2回:カードゲーマーvol.52「アカバネ先生」
第3回:カードゲーマーvol.53「クロサワテツ先生」
第4回:カードゲーマーvol.54「かわく先生」
第5回:カードゲーマーvol.55「Hitoto*先生」